2007年01月21日

ミニ株とは

株は銘柄によって1000株や100株などと売買できる単位が決まってます。
これを「単位株」と呼びます。

1株100円の銘柄を買う場合、1000株単位なら100円×1000株=10万円必要です。でも、ミニ株なら単位株の1/10ずつの単位で売買できるので、この例だと100円×100株=1万円で買えるのです。

少額の資金で殆どの上場銘柄や一部の店頭登録銘柄を売買できるのがミニ株の最大の魅力です。


posted by kabu at 16:26| ミニ株式について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

IPOのメリット

IPOのをする企業側のメリットとはなんでしょう。

まずは資金調達力の上昇があります。
株式を公開すれば、株式市場を通じて増資をしたり、新株予約権付社債などが発行することが可能です。そうすれば、資金調達力が上昇するので、さらなる成長が期待できるようになります。

次に、知名度の向上があります。
「上場企業」という肩書きを持つことで、社会的な信用と知名度が増します。結果として、営業力の強化につながり、取引先の拡大を望むことが可能になります。

posted by kabu at 16:22| IPOについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

IPOとは何か

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、「新規公開株」といいます。
新規公開株とは、国内で非上場・非公開だった株式を、新規に上場することを意味します。

上場前に株主が保有している株が売りに出されます。これらの株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。
posted by kabu at 15:57| IPOについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

ナスダックとは

ナスダックは、アメリカにある世界最大の新興企業向けの株式市場です。
1971年に全米証券業協会の主催で開設されました。

代表的な銘柄にはマイクロソフトやインテルがあります。IT関連銘柄やハイテク銘柄が多くあり、日本でも注目されています。

2000年には大阪証券取引所にナスダックジャパンが開設されましたが、2002年にナスダックジャパンは業績不振で活動を停止しました。
その後、大阪証券取引所が独自に運営することになり、現在の「ヘラクレス」として引き継がれています。
posted by kabu at 15:45| 株式用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

ダウ平均株価とは

ダウ平均株価とは、アメリカのダウ・ジョーンズ社が算出しているアメリカの代表的な株価指数です。

日本では「ダウ工業株30種平均」などと呼ばれています。

ダウ平均株価には3種類あります。

・工業株30種平均株価

・輸送株20種
航空・鉄道

・公共株40種
電気・ガス


posted by kabu at 15:13| 株式用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

日経平均株価(日経225)とは

日本経済新聞社が発表する、東京証券取引所第1部上場銘柄の株価水準を示す指標です。日経300と区別するため、日経255と呼ばれています。

算出する際には代表的な225銘柄の株価が採用されており、日経225、日経225種平均株価とも呼ばれています。

採用銘柄は毎年見直される。臨時に入れ替えがなされることもある。権利落ちに対する株価修正を行い、連続性を保っている。一方、単純平均のために、株価が飛びやすい品薄株が平均を支配しやすいという問題もあります。
posted by kabu at 13:39| 株式用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

福岡証券取引所

福岡証券取引所とは、九州の福岡市にある証券取引所です。正式名称は証券会員制法人 福岡証券取引所といい、略称として福証と呼ばれています。

札幌証券取引所と同じく、福証も地方証券取引所になります。

2000年に、新興企業向けの「Q-Board」を開設しています。
2006年の上場会社数は146社で、単独上場は新興市場のQ-Boardを含めて38社です。
posted by kabu at 13:29| 株式用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

札幌証券取引所

札幌証券取引所とは、北海道の札幌市にある証券取引所です。正式名称は「証券会員制法人 札幌証券取引所」といういわゆる地方証券取引所です。株式会社ではなく、証券会員制法人という組織になります。略称は札証です。

設立は1949年で、上場企業は地元北海道の企業が中心です。そのため非常に小規模で、売買代金のシェアは0.0008%(平成16年統計)です。

2000年に、新興企業向け市場として、「アンビシャス」を開設しています。
posted by kabu at 13:21| 株式用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

名古屋証券取引所

名古屋証券取引所は、東証(東京証券取引所)、大証(大阪証券取引所)とともに、日本の三市場とよばれています。

株式市場として、上場基準の異なる1部・2部市場、1999年に開設された新興企業向けの市場であるセントレックスがあります。
また株式以外にも、公社債市場、外国債市場、新株予約権付社債券・新株引受権付社債券市場、新株予約権証券市場が開かれています。

三市場の一角を占めているとはいえ、東京証券取引所への一極集中の影響を受け、売買高におけるシェアは0.16%(平成16年度統計)と極めて少ない。このため、当取引所への上場を取りやめる会社が相次ぎ、それがまた売買高の減少を招く悪循環に陥っています。
posted by kabu at 13:13| 株式用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

大阪証券取引所

大阪証券取引所は大阪府大阪市中央区にある日本の証券取引所である。東京証券取引所、名古屋証券取引所と共に、日本の「三市場」の一つです。

大阪証券取引所には、株式市場として大証一部、大証二部、新興企業向けのヘラクレスがあります。
東証と同様に、二部よりも一部のほうが上場基準が厳しいです。

大阪証券取引所は、略称で大証と呼ばれることが多くあります。特徴は、日経平均株価の先物市場、日経225先物の取引が行われています。
posted by kabu at 13:07| 株式用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。